読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出話

彼を初めて“見かけた”ときの光景は、今でも鮮明に覚えている。 大学の教室だった。 同じゼミに所属していた彼は、けれども一時的に違うキャンパスにいて、ゼミに所属して半年経ったそのときまで会ったことがなかった。 彼にとってはひさしぶりに戻ってきたキ…

もし童話の主人公が夫だったら

〜金の斧、銀の斧編〜 ある時、夫は森で木を切っていた。 しかし数時間後、疲れてきた夫は手を滑らせて斧を泉に落としてしまった。 「あっ」 夫は泉を見つめ、しばし考えた。 「人間が作業をしている以上、斧を落とすリスクへの対応策が勘案されていて当然だ…

TED風プレゼンをやってみた話

ちょうど1年くらい前、友人たちとのお気楽な集まりでお気楽なプレゼンテーションをする機会があった。 その時私は、憧れていたTED風プレゼンテーションにチャレンジした。 大きなスクリーンの前にスピーカーが立ち、身振り手振りを交えながら聴衆、じゃなく…

天才の条件

明確な根拠はないのだが、超絶優秀な人って、幼いころは周囲と異なる特徴的な子供だった傾向がある気がしている。 子供のころ学校の勉強についていけなかったトーマス・エジソンや、そこそこ大きくなってもおねしょをしていた坂本龍馬の逸話は有名だが、つい…

ハローワークにもワーク風がある

企業にはそれぞれ社風というものがある。 同様に、ハローワークにも“ワーク風”があるということを実感したことがある方はそう多くはないだろう。 私はこれまでのとっちらかった人生の中で、2つの自治体のハローワークに通ったことがある。 初めて行ったとき…

くしゃみが父親に似ている

遺伝とは時に、親子の間に思いも寄らぬ類似点をもたらす。 私の場合、くしゃみがその一例だ。父親に激似である。 外でくしゃみをするときは、肉眼では捉えられない程度に私の中に存在している希少なぶりっこ力を総動員して、「っくしゅん」といった感じにか…

もし昔話のおじいさんおばあさんが私たち夫婦だったら2

〜鶴の恩返し編〜 ある冬の夜、突然我が家のインターフォンが鳴った。インターフォンの受話器を取ると、映し出された画面の向こう側には若い女の子が立っていた。 パーマのかかったふんわりセミロングに、大きな瞳、そして特徴的な泣きぼくろ。それはまるで…

みにくいあひるはラッキーです

(昨日も書いたが)大学時代の友人たちと同窓会的な1泊旅行に行ってきた。 毎年恒例となったこの会、1年に一度ここでしか会わない友人などもおり、近況報告的なことや会わない間に発生したネタを一部希望者がプレゼン形式で話して、あーだこーだ話題のタネに…

草津旅行中に気づいたこと

学生時代の友人たちと草津に来ている。 温泉に入り、美味しい料理を食べて酒を飲み、友人たちとの談笑する、そんな幸せなひとときの中で、ふと、ごくごくどうでもいい新発見をしてしまった。 顎というのは人間が起きている間はほぼずっと重力に逆らっている…

人は、週休三日により幸せになれる

神は、暇をもてあました遊びにより偶然天地を創造したもうた。 神は7日で、天地創造の事実を公表したもうた。 1日目、鋭気を養うため神は休息をとった。 2日目、神はまず概要を説明し、天地創造を成し得た背景を語った。 3日目、神は創造の手法と、その結果…

体調が不良になった

私 「体調!あなたどこ行くの!?こんな正月休み明けに!」 体調「うっせぇババァにはカンケーねー」 私 「あなた最近、ウィルスと付き合ってるんじゃないの?」 体調「オレが誰とつるもうがオレの勝手だろ!うぜぇんだよ」 私 「ちょっと、あなた、リンパに…

由紀さおり&安田祥子が好きだ

由紀さおり&安田祥子の歌が好きだ。 年末からずっとGoogle play musicでエンドレスリピートしている。 ガラスのメンタルを癒す力が、マジ、パないのだ。真綿であり羽毛であり上質なシルクでありキズパワーパッドなのだ。 しかし近年、この歌声に触れること…

スタバは油断するとやられるので気をつけた方がいい

新しい年も3日ほど過ぎ、明日から仕事始めという方も多いだろう。私もそうだ。 このタイミングで唐突に昨年を振り返ると、私は昨年、結構スターバックスに行った。知人にスタバカードをいただいたことなどもあり、スタバに通う頻度が例年の平均を大幅に上回…

もし昔話のおじいさんおばあさんが私たち夫婦だったら

〜桃太郎編〜 夫が家でデレステに夢中になっているころ、私は洗濯機で洗濯&乾燥をスタートさせると、痩せるためにちょっと運動してくると言って家を出た。 しかし家を出て数分後、早くも諸々が億劫になった私は、橋の上から川をボーッと眺めて時間をつぶし…

私が神になる瞬間

皆さんは大腸菌のコロニーをピックしたことがあるだろうか。 私は縁あって、去年の後半ころから、仕事でちょいちょいピックするようになった。 とにかく雑に説明すると、↓の絵の、たくさんの点々の中から任意でいくつかの点を選び、爪楊枝でつつくのだ。 (…

大きな晦日の大掃除(平井堅ver.)

大きな晦日のフルそうじ ギリギリの大そうじ 1年いつも怠けていた ツケ返すそうじさ 年末休暇はじまった日に やっちゃうはずだったのさ 今はもう 大晦日 そのそうじ 1日休まずに クイックル クイックル キッチンもトイレも クイックル クイックル 意外なとこ…

分子生物学用語だらけの桃太郎

昔々あるところで、おじいさんとおばあさんがクローニングしていました。 おじいさんが山にライゲーションに、おばあさんが川にPCRに行くと、川上から「アンプリファ〜イ アンプリファ〜イ」と大きな桃が流れてきました。 「こんな突然変異の桃は見たことが…

お祈りメールへの返信定型文

コレクターというのは通常、自分の愛するものを収集し、愛でるものだと思う。 しかし世の中には、意に反して自分の忌み嫌うものが自分のもとに集まってきてしまう場合がある。それが「不採用通知」だ。 いわゆる「お祈りメール」と呼ばれるそれを、私はこれ…

アイドルグループ解散の後日談

とある5人のアイドルグループが解散したX年後の話を、某アイドルアニメ風に妄想してみた。 ----------- ◯某テレビ局・凛の楽屋 木村凛が鏡に向かって座り、歌番組への出演スタンバイをしている。その横には別番組の衣装を来た中居卯月が立っている。 凛「卯…

特技は寝ることです。

「特技は寝ることです」 と言われたら、多くの人はただ、ふーん。と反応するだろう。 この話をそれ以上掘り下げる気にもならないし、おどろきも面白さも別段ない。受け手にとって興味を引く要素のない発言だからだ。 おそらく「特技は寝ることです」と発言す…

『さるかに合戦』さるへの独占インタビュー

(“習慣づけ”が苦手な自分への課題として、今日から最低1ヶ月、毎日何かしら日記のようなものを書くことにした) 今日は「さるかに合戦」について考えた。 以下、さるかに合戦のさるの言い分を聞いてみたらどうなるだろうという妄想である。 ーー例の合戦当…

“やるべきこと”はやりたくない話

皆さんは、「仕事観」というものをお持ちだろうか。 私には、簡潔にして明快な、かつ他者に言うまでもないくだらない仕事観がある。 それは『できればやりたくない』というもの。 私はつい最近、自分の心理パターンには、とある“ルール”が割りと厳密に適用さ…

芝居に出ることになった話

突然だが、この度、知人の劇団の芝居に出演することになった。 なんでそんなことになったかというと、 オポチュニティオポチュニティしたからである!(ドヤッ) (“オポチュニティオポチュニティする” とは一種の流行語である⇒ 流行語大賞を狙って2年が経っ…

その時、歴史が動いた話

高校のときの話である。 私は花形だった吹奏楽部に入った。 オーディションなどの過程を経て、パートは"オーボエ"という楽器に決まった。 オーボエは各学年に1人ずつしかいないパート。 なんの偶然か、先輩たちは皆美しく「オーボエパートは歴代美人が担当…

作文の書き方の話

こんなこと私が今更エラそうにツラツラと書き連ねることじゃないだろうけど、今日唐突にふと思い出したエピソードがあったので小中学生のときに悩みがちな「作文の書き方」について書いてみたいと思う。 「作文」の宿題に悩まされている小中学生のみなさん …

大御所にA0パネルを持って特攻してみた話②

これは、とある業界の大御所(先生)にA0パネルを持ってアピールしてみたという話の後編である。 (前編はこちら⇒ 大御所にA0パネルを持って特攻してみた話① - ニートザッカーバーグのよくすべる話) 作成したA0パネルを背負った私は、先生が講師を務める学…

大御所にA0パネルを持って特攻してみた話①

若くして異例の登用で成功を収めたという人にそのきっかけを聞くと、「いきなり業界のトップのところに直接出向いてアピールしてやったんですよ。そしたら気に入られちゃって。ハハハ」という話をたまに聞く。 もしかしたら自分が記憶しているそういう話の半…

スライドと会話するプレゼンメソッドを提唱した話

私は、以前勤めていた職場で、 「"スライドと会話する"という新しいプレゼンメソッドを提唱した」 ことがある。 そのきっかけは、職場のおじさんたちのプレゼンテーションが得てして聴衆を惹きつけない、という問題意識からだった。もちろん私自身も決してプ…

退職エントリー

IT業界特有のことなのかよくわからないが、世の中には結構「○○を退職しました」というブログを書く人がいるということなので、私も流れに乗って退職エントリーというやつを書いてみたいと思う。 とはいえ、この「退職」は1年以上前の話である。 このブログの…

流行語大賞を狙って2年が経った

私は、2012年ころからひそかに流行語大賞を狙っている。 なぜ流行語大賞を狙うかと言うと、一発当てたった感を味わいたいからである。 要するに、自分の平凡な人生に華を添えたいのだ。 そんなのただの一発屋で終わるだけじゃないか、とおっしゃる意識の高い…

Let Neet Go 〜ありのままで〜

(動画版はこちら → https://www.youtube.com/watch?v=l5QNzWNKIXM) (本物はこちら → https://www.youtube.com/watch?v=d6SSnbVCmEg) 減り始めた預金は 残高消して 真っ昼間自宅に ひとりの私 親が電話でささやくの このままじゃダメなんだと 暇 乞い 職 …

何も成し遂げない人生

以前より、このブログに書いていた"プリキュアを目指す"こと。 これをあきらめてしまった。 たくさんの方に応援していただいたのに、本当に申し訳ない。 ごめんなさい。ごめんなさい。 端的に申し上げると、諸々体力的にキツかった、という極めて根性なしな…

R-1ぐらんぷりに出場してみた

あれは昨年の10月末だったか。 とある飲み会で、一人の可愛い女の子が唐突に、そして平然と言い放った。 「私、R-1ぐらんぷり出ますけど、え?みんな出ないんですか?」 それはまるで「え?夕飯食べないんですか?」というレベルのことを話しているような口…

プリキュアを目指してみるも、挫折しつつあった話

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!注意!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 本エントリは、幼児・児童の夢を壊す可能性を孕んでおります。お子様の目の届かないところで閲覧ください。 !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! プリキュアを目指し始めて、2ヶ月半くら…

プリキュアを目指して四苦八苦している話

ブログの更新が滞ってしまった。 先月頭からプリキュアを目指して活動を開始したが、想像通り、そうポンポンと事が進むはずもなく、ブログに書ける進展もないままに、今日という日を迎えてしまった。 思えば、私は思春期の頃からいろんな夢を抱いては、明後…

キャラを人気者にするために試行錯誤する話

少し前に、私がこのブログの最初のエントリで描いた絵のステッカーを作った。 (↓この絵) あろうことか500枚作った。 〜これは、ちょっとした見積もりの誤算により発生したステッカー在庫過多を打破するため、なんとかこの絵を人気者にしようと奮闘する物語…

厚生労働省にハローワークのゆるキャラを提案してみたら無視されたみたい

厚生労働省にハローワークゆるキャラのご提案メールを送付して、5営業日が経過した現在、返信がハローと言ってやってこない。 物事はそう簡単にハローと言ってやってこない。 厚労省は我々にそれを知らしめてくれたのではないだろうか。 私は今更ながら初め…

厚生労働省にハローワークのゆるキャラを提案してみた話

少し前に、このブログの最初のエントリで描いた絵のステッカーを作った。 (↓この絵) ステッカーがあったら欲しい、という声が2,3件あったから作ったのだが、 その2,3件の声に対して500枚のステッカーを作ったのだから調子に乗っているとしか言い様がない。…

プリキュアを目指してみる話2

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!注意!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 本エントリは、幼児・児童の夢を壊す可能性を孕んでおります。お子様の目の届かないところで閲覧ください。 !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 進捗するのにかなり時間がかかってしまっ…

プリキュアを目指してみる話

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!注意!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 本エントリは、幼児・児童の夢を壊す可能性を孕んでおります。お子様の目の届かないところで閲覧ください。 !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 最近我が家では日曜の朝に放映しているプ…

つれづれなるままに、再就職活動の話

再雇用後1週間で再失業者になった今、日本の完全失業率の低下に貢献すべく、というか、自分の強靭なぐうたら精神力に引きづられてコロコロと坂を転げ落ちていくことを阻止すべく、再求職活動をしている。 今日は派遣の仕事の面接があった。業務内容的に今後…

非美人のメリット

私は、顔の造形や表情にちょっとした癖・特徴があるらしく、あらゆる人生のステージで「いつもぼーっとしている」「いつも眠そう」「ほっぺがヤバい」「口が開いている」「口が"オ"の形になってる」などのコメントを頂戴してきた。 これらのコメントはもはや…

ニートについて

私はこの世界ではかなりの甘ちゃんではあるが、曲りなりにも2ヶ月弱のニート的な生活をしてみて、ニートという存在について気づいた点がいくつかあるので、取り急ぎまとめてみたいと思う。 ・ニートにも素質が必要 まず、"ニートでいつづける素質"というも…

これまでの職の話をしよう season3 ーテーマパークのアルバイト2ー

いくつかバイトの話を書いてきたが、私のアルバイト経験のハイライトはこれまでに書いたどれでもない、ディズニーリゾートでのキャスト経験である。 この経験をクチにすると大概の人が興味を持ってくれるが、これまでにブログに記述しなかったのには訳がある…

これまでの職の話をしよう season3 ーテーマパークのアルバイトー

私のここ最近の日常で特筆すべきことと言えば、ワロハ(ワイハっぽく)で職サーフィンした帰りにワロハ前で待ち構えている紫の髪のおばちゃんに仕事の勧誘されたことくらいで※、いよいよネタ尽き感を隠せなくなってきたので、ここで一気に時系列を遡り、再度…

オポチュニティ氏の名言

さて、私を雇用することを英断したオポチュニティ氏(=一企業の経営者でもあった)は、私の想像の斜め上を行く男前だった。私の常識を超えた男の中の男だった。 潔く認めると、そんな彼に、私はついていけずに脱落したのである。 そのオポチュニティ氏の名…

激動の職歴

一週間前、私はこのブログにこのように記載した。 "世の中は我々が思っているよりもほんの少し、オポチュニティオポチュニティしているものなかもしれない。 ワークがハローと言ってやってきた。" "やりたいことであることは確かなので、どんなに大変でも地…

中学生と電話の話

中学生くらいの時だったか、自宅で一人で留守番しているとき、兄宛てに電話がかかってきた。 けっこう年齢が離れいるため兄は既に大学生だったのだが、電話の相手は兄の高校時代の友人ということだった。 相手は、 「○○高校の3年☓組で△△くんと一緒だった□□で…

これまでの職の話をしよう season2 ーシステムエンジニア3ー

(これからの職の話があまりできないので、引き続きこれまでの話を書きます) もはや元システムエンジニアと名乗るのも気が引けるのだが、 誤って使用中のサーバがつながったUPS(無停電電源装置)の電源を落とすというミスをやらかしたことがある。 (※もち…

今日から(実質昨日から)

ワーク・ザッカーバーグになった。 完全体マーク・ザッカーバーグに少し近づいた。