読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

由紀さおり&安田祥子が好きだ

由紀さおり安田祥子の歌が好きだ。

年末からずっとGoogle play musicでエンドレスリピートしている。

ガラスのメンタルを癒す力が、マジ、パないのだ。真綿であり羽毛であり上質なシルクでありキズパワーパッドなのだ。

 

しかし近年、この歌声に触れることのないまま生きている若人が増えているのではないかと危惧している。

2人は姉妹で、童謡や唱歌を中心に声のハーモニーを奏でているが、童謡なんて、と思う方にも一度でいいから聞いていただきたいのはやはり2人の歌う「トルコ行進曲」だ。

モーツァルトトルコ行進曲スキャットで歌ったものである。

スキャットについて全く知識のない私の凡庸な感想ではあるが、その擬音の種類の豊富さがすごい。そこら辺の「日本酒各種取り揃えてます!」と謳っている居酒屋の酒の種類など目ではない。多数の擬音を駆使し、表情豊かに声で表現された『トルコ行進曲』には、「歌上手いな〜」を飛び越えて思わず「いい音出すなぁ〜」という感嘆が漏れ出してしまう。

 

どうやら詞はPublic Domain のようだったので、夜中にひとり、必死で聞き取った歌詞を以下に書き出してみたいと思う。ハモリパートを正確に聞き取ることが難しく力尽きたため、メロディーラインのみで失礼する。

※あくまで私の耳で聞き取ったものなので、他所の記述とは異なる場合があります。

※語学等でも聞き取りが苦手な方なので、明らかな誤りがあったらすみません。

 

-----------------------

ティアララルン ティアララルン ティアララ ティアララ ティアララルン

トゥトゥトゥリィヤタッタ トゥリィヤタッタ トゥリィヤタッタッタ

 

ティアララルン ティアララルン ティアララ ティアララ ティアララルン

トゥトゥトゥリィヤタッタ トゥリィヤタッタ トゥリィヤタッタッタ

 

ティパッタッパ ティパタパタッパ ティッパタッパ タパタパティ

ティパッタッパ ティパタパタッパ ティッパタッパ タパタパティ

 

ティアララルン ティアララルン ティアララ ティアララ ティアララルン

ティパッティパティパティパティパ ティーリーラー

 

ティパッタッパ ティパタパタッパ ティッパタッパ タパタパティ

ティパッタッパ ティパタパタッパ ティッパタッパ タパタパティ

 

ティアララルン ティアララルン ティアララ ティアララ ティアララルン

ティパッティパティパティパティパ ティーリーラー

  

ラッパッパー ラッパパヤパッパ パヤパッパパヤ

ラッパッパ― ラッパパヤパッパ パヤパッパパパ

 

ラッパッパー ラッパパヤパッパ パヤパッパパヤ

ラッパッパ― ラッパパヤパッパ パヤパッパパパ

 

スタバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバ

スタバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバ

スタバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラーバ

スタバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラ

スタバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバ

スタバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラーバ

スタバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラ

スタバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバ

 

ヤンパンパー ヤンパヤパンパ パヤパッパパヤ

ラッパッパー ラッパパヤパッパ パヤパッパパパ

 

スタバラバラー ラバラバラバラバラバラバ ラバラバラバラバラバラバ

スタバラバラー ラバラバラバラバラバラバ ラバラバラバラバラバラー

 

ヤンッパパー パー スタバラバラバラバラー ティティティティティー

ヤンッパー パー スタバラバラバラバラー ヤー ティティティティティ

 

シングリー リー ティリリリリリリリリー ティティティティティー

ヤンッパー パー スタバラバラバラバラー ヤー ティティティティティ

 

パパ パパ パパ パパ パパ パン パーーーーーン

------------------

 

いかがだろうか。

冒頭、「ティアララルン」という、プリキュアの呪文かと見紛うほどにかわいらしい女の子的擬音から始まったと思いきや、その後の怒涛のゲシュタルト崩壊に次ぐゲシュタルト崩壊

もはやバラバラバラバラという文字の羅列が、人の顔に見えてくる。それも、なんかもうすっごい笑ってる人の顔。

とにもかくにも、文字で読む曲ではないことがおわかりいただけたのではないだろうか。

 

もし機会があれば、聞いてみてください。

由紀さおり安田祥子トルコ行進曲