読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その時、歴史が動いた話

高校のときの話である。

 

私は花形だった吹奏楽部に入った。

オーディションなどの過程を経て、パートは"オーボエ"という楽器に決まった。

オーボエは各学年に1人ずつしかいないパート。

なんの偶然か、先輩たちは皆美しく「オーボエパートは歴代美人が担当する」という部内の伝承があった。

私がオーボエに決まった瞬間、その伝承は
オーボエパートは歴代手がきれいな人が担当する」という言い回しに変わった。

私は、歴史を変えた。